「経済成長の源泉である人口が増えない以上、一人当たりのGDPを増やしていくしかないが、付加価値を生み出す企業の力が落ちているのが日本の根本的な問題」

もう、数年間言われ続けている内容である。日本政府は、いつ戦う姿勢を持つのか?根本から逃げ続ける政権与党・・・。

救世主は、いつ現れるのか。いつから他人任せの国に・・・。歴史は繰り返される。形は変われど、危険な世へ向かっているかもしれない。

世界一著名な投資家のバフェット氏が、来日されましたね。81才とは思えない眼光の鋭さを感じました。40年ちかくにわたり、世界の産業や経済の先を見据え、投資活動で成功されてきた・・・。私が43才なので、丁度この時期に始まったのですね。なんだか、ワクワクしました。(笑)

先を読み、投資活動をしていく。この投資が株式なのか、設備なのか、人材なのか・・・。ビジネスで重要な先を見越した投資をしっかりしていけば、成功するのですね。

私がしていること…。皆さんがされていること…。 3年・5年・10年・・・。先を見越して動く重要な事項は何か?バフェット氏のお言葉から学ぼうと思いました。

長淵剛さんの名曲!私は、何か嫌なことがあったり、苦しいな、と感じた時に自然に口ずさんでいます。良い気分転換になります。音楽はすごい力をもってます。

ちょっとした挫折でも、その時点では「ものすごいこと」と深く考えてしまうことがあります。振り返ると大したことないことが大半!仕事・恋愛・友人・家族・・・。大抵は人との繋がりであり、しっかり改善する方法がある。

この歌詞は、一節一節がすべて納得できるものであり、心のさけび(魂)がはっきりわかる。すごいね!

皆さんも苦境を感じた時は、一度聴いてみてはどうでしょうか!

昨今、新聞・メディアが取り上げているO社の問題…。悲しい出来事ですね。判断の誤りは、誰にでも起きます。短期的に考えると大きな間違いを先送りしたいという心理が働くことはあります。特に数人で徒党を組むと・・・。

今回の事件は、日本の捜査当局はもちろん、米連邦捜査局(FBI)、英重大不正捜査局(SFO)も捜査に関わる状況下になっていますね。

非常に憂慮すべき事態です。O社は、国際社会に貢献する商品シェアを75%も占めている企業です。是非、社員一丸となって、信頼回復に努めてほしいと思います。

今年は、色々ありましたね。特に、3月11日の東日本大震災…。私は、当時ビルの7階で仕事をしておりました。少しずつ揺れが強くなっていく(長周期)状況下、1分後ぐらいに非常階段から1階へおりました。弊社は、下に自動車工場があり、その現場では全くいつもと同じように仕事をされていました。話をすると「あ、ちょっとめまいかな」と思ったくらいのようでした。

その後の状況は、東北を中心とした被災地をただただ、映像で茫然と見守るしかない…喪失感に襲われました。自然の力…。強大な力…。

あれから、月日が経過。北海道や東北では初雪の季節がやってきたようです。被災された方々にも、たくさんの笑顔があふれる日が来ることを望んでいます。

国は、全力を挙げて復興を後押ししなければなりません。強くて美しい日本を創造する為に。