おはようございます。開業支援サポーターの浅野です。

大きな目標と小さな目標!短期と中長期にわけた目標!これは、ビジネスでも遊びでも共通することでしょう。一気に達成しようとしても無理なものと、可能なもの。テーブルにならべてみると、はっきりしますね。

また、必達目標と自主目標(必達の120%前後)!ビジネスにおいては非常に重要な考えですね。以前、務めていた会社では、2パターンの営業社員に分かれてました。

1、必達目標をクリアすればOKの営業マン

2、自主目標を達成しないと悔しがる営業マン

通常、1の考えをもったサラリーマンが中心ですが、その会社では3名の方が2の考えを持っていました。今でも尊敬する先輩方です・・・。みなさん、違う会社で経営を担っておられます。

会社経営や教室経営でも、2を目指す人材が多ければ、必ず会社は発展していきます。自分に負荷をかけ続けることが出来る人材こそが人財なのでしょう。

 

開業支援サポーターの浅野です。いよいよ3月春!小学生や中高生・大学生を卒業される方や関係者の方々は、別れの季節ですね。

わが娘(次女)も3月21日、小学校を卒業です。先日学校から来賓出席依頼の手紙をいただきました。子ども会会長も3月で退任です。引き継ぎも大変ですが、別れは感傷的になりますね。

私は、いつも、子どもたちに贈る言葉として「感謝の気持ち」と「出会いへの期待」を伝えるようにしています。生を受けた以上、「別れ」は必ずやってくるので、その「別れ」を糧として、出会いを大事にしてほしいという内容です。その出会いに感謝して、更に自身に磨きをかけていく・・・。

「感謝」は、どのような苦境や裏切りを受けてもできるものです。その出来事があって初めて「ありがたみ」や「幸せ」をつかめることもあるのです。何事にも、自分を見失わないように生きていきましょう。

今日は寒いですが、光がまぶしくなってきました!

この時期は、20年ほど前、猪苗代の磐梯山で仕事していたことをいつも思い出します。あんなに春がここちよく思ったこと、この44年の人生で今のところ一番の体験でした。

光(日差し)が強くなり、少しずつ氷や雪が解けだして、あたり一面が非常に明るくなる・・・。水の音があちこちで聞こえる。地面が見え始めると春の植物が日に日に顔をだしてくる。動物も人間も活動的になる。ここには、文字では表現できない躍動感がありました!

皆さんも、生徒さんたちと「光の春」の会話を楽しんでください。今年は、寒い年でしたので、より一層みんな共感していただけると思います!

先日、非常に尊敬している先輩(元上司)から久しぶりにお電話をいただきました。その時、たまたまある業界紙を読んでおり、その先輩の活躍ぶりが写真記事として掲載されていた。なんという偶然だ!

いつも気にかけてくれる先輩であり、仕事のあり方・接し方など全て教えていただいた方!彼に出会わなければ、「今の私は絶対ない」といっても過言ではない方!

心底尊敬している方が身近にいることは、非常に幸せなことですね。

開業支援サポーターの浅野です。様々な活動をすれば、様々な不確定要素のある問題点が浮き上がってきます。その都度、商品やサービスは発展していくものですね。

今、アップルとサムソンが「スマホ」の技術発展の過程で、すさまじいつばぜり合いを展開しています。この業界1位と2位の争いは、司法においてもデッドヒートしてきました。短期的には、双方生き残れる土台はあるのですが、中長期的には何の保証もないのです。確実に、技術の特許を勝ち取り、1位を守る・・・。これが大切なのでしょう。今の日本企業は・・・考えるとなるほどです。

今後は、中国の台頭で益々、司法での係争が増加するでしょう。危険な状態を作り出すかもしれません。「生き残る」ということは、大なり小なり戦い勝つことが必要であるということです。

ここで、いかに戦うか・・・!いかに味方をつけるか・・・!いかに〇〇か・・・!

私は、いつもこのポイントを考えて行動しています。このいかに!の要素が多ければ多いほど成功の確率があがります。母数に比例してアイデアも増加するからです。

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >