3月11日 あれから1年。

依然、大変は生活を余儀なくされている方が、たくさんいらっしゃいます。

自然災害と人災・・・。あの出来事は、今後の生活に非常に大きな変化をもたらしました。

私の子どもたちには、「ありがたさ」が良く理解できたようで、成長させてくれた出来事でもあった・・・。表現が難しいが、悪い・良いは、表裏一体にあるような気がしている。

被災された方々も、前を向いて活動していくことが、幸せを運んでくると思う。1年という節目をそのように捉えて欲しいと心から思います。

悪いこともあれば、良いこともある!そう気分を切り替えることが大切に感じた日だった。

原発の風評被害がこれ程までとは・・・。

例年の10分の1の来場者数と言われている福島県のスキー場。私が初めて職場についたのが横向にある箕輪スキー場!繁忙期と閑散期があるスキー場は、繁忙期での売り上げに依存せざるを得ない。それが例年の1割とは・・・。関係者のご苦労が目に浮かぶ。

スキー人口は減少に歯止めがかからずご苦労されている関係者が多い中、この原発問題。国は、本腰を入れて除染や安全である告知を真剣のすべきである。政策としては、スキー客を呼び込む為の助成、たとえば、リフト券+バスなどの交通費負担など、にぎわう為の施策を講じるべきだ。決して、「売上が上がらないから融資する」といった短期的なことはダメである。安全であるPR活動をもっと政府が支援して欲しいものである。

いよいよ3月です。大きな節目のひとつといえるでしょう。大震災から1年を迎える今年…。各々、色々な考え方が芽生えたこの1年。新たに、良いスタートをきる気持ちに切り替えなければ!

私は、「セルフコーチング」に関する書籍を愛読しています。自分自身と向き合い、2人の自分を登場させて対話していく手法です。2人とも、良くも悪くも自分なのです。

手法を確認していく本と、毎日事例を確認していく本。この2種類の本と、メルマガでモチベーションを保っていくようにしています。皆さんは、どんなルーティンされていますか?

光まぶしく、温かくなる春!どんどん行動を起こしていきたいと思います。

  • Page 2 of 2
  • <
  • 1
  • 2