今春、大学卒業者の進路において6%が進学も就職の準備をしていない若者がおり、25%の新卒者が、非正規雇用での就労を余儀なくされている。

この現実をどう受け止めるのか…。このままこの問題を放置していくと…。

大阪では生活保護受給の問題が大きくなっているが、年金同様、この制度も崩壊への道をたどるだろう。

国は、「全力で!・・・」は、正直難しいと誰もが思っている。そういう「本気」がないように感じる。

教育改革? 本気で議論してるように思えない。 グローバル経済の中で生きていかなければならない子供たちに、大人が今できることは何なのか。 高度経済成長という時代を謳歌してきた方々が中心となっている現政権では、実体験からの議論がなされない為、早急に実を結ぶ「案」は出ないのかもしれない。

政界も企業も、世代交代して代謝をよくしていく必要があるのだろう。若い世代が人生を謳歌できる「教育改革」は、就業への橋渡しとなる改革が必要である。

①「新しい生徒さんを多く集める為にはどうしたらよいか?」

②「今いる生徒さんが、長く通っていただく為にはどんな方法がよかい?」

この2点のポイントを克服することで、商売繁盛となる教室運営!

弊社には、多くの方からこの系統の質問がきます。

①に関しての回答は、様々な要因があり、ご想像にお任せします。

②に関しては、いくつかのポイントがあります。マーケティング論の学習をすれば、その方法は見えてきますよ。中期的に考えれば「顧客管理」が重要です。表面的な成功は、短期的な成功でしかありません。成功の本質に迫る為には、「顧客管理」手法にファクターがあると考えています。

ノートにいっぱい、列挙してみてはどうでしょうか。

尖閣・竹島・北方! 中国・韓国・ロシア!

この話題が、昨今のニュースの大半を占める。この件については、見識者はみんな好き放題言っているような気がする。

領土問題は、解決しようがない問題であろう。

どちらかが引くことは、今までの見解を誤りであったと「国」が認めることになる・・・。

いつの時代も、対立がなくなることはない!

落としどころを探り、双方が平穏に着地することが大切である。

「せっかく、してやったのに・・・」「なんで、わかってくれないんだ・・・」「いいとこばっかりもっていきやがって・・・」「ひどいやつだ・・・」

どの言葉をとっても、あまり良い受け方ができません。

すべての出会いに「感謝」することを前提にしていけば、このような態度もないでしょう。

そう、この感謝の気持ちをもつと、全て肯定的にとってしまうのです。

「感謝」の気持ちをもって日々、過ごしたいですね。

夏休みの過ごし方・・・。

家族や親せきで楽しくしたり、ご無沙汰している友人・知人にお会いしたり・・・。

年々、変化していきますね。

今年は、

キックベースボールの集会に参加して、お墓参りを済ませ、親兄弟と会食し、ゴルフの練習に行き、ジョギングをして、高校野球を見て、キックベースボール指導をし、中華をつつみながらビールを飲んで、お昼寝する・・・。

ざっとこんな感じでした。

仕事においても、これから過渡期を迎えると考えております。古いもの(こと)から新しいもの(こと)へ・・・!

流れの中で、何を選択して何に集中するか?

意識して行動することが大事な気がします。