マネされることは、素晴らしいことです。

そこで、また新たな仕組みにチャレンジする。

また、マネされる。

先攻していくか、後攻で攻めるか。

どちらにせよ、その活動は進化していくのですから!

この世は、苦労の為にあるのでしょうね。

その苦労を楽しめる方が、素敵な人生を過ごすのでしょう。

最近、強く感じるようになりました。

流行りを創り、活動に活かす。流行りをとらえ、活動に活かす。

ビジネスの世界でいうと、中小企業が先行して流行りの種を創り、その種に芽が出る状況を確認して、大手企業が重い腰を上げてくる。その力は抜群で、一気にシェアを獲得していく。その時点で、終焉を迎える序章が始まる。私には、そんなイメージがある。

目新しさが無くなると、関心はドンドン無くなってしまう。人の心理とは、複雑なものだ。

生き残る為には、コアな活動と流行り(地域的なものでも)を創り出す活動を並走させていかなければならない。以前は、流行りを追うことに対して関心が湧かなかったが、最近そう感じるようになった。

おはようございます。サポーターの浅野です。

今日は、普段と変わらない感覚で出社しました。通勤時も清々しい天気だったので気持ちよかった!

弊社は現在、1フロア、間仕切りのない空間環境になっている。

作業をしながら、チラっと「制作部」の皆さんの仕事姿勢を見ていた。皆さん、ホント真面目に集中して取り組んでおられる。

この「感じ」・・・! すごい集中力!

子どもたちの教育教材を30年にわたり制作してきた真髄がここにあるのだと感じた。子どもたちは、白いキャンバスに描いていく脳をもっているので、ちょっとしたミスでも許されない世界。

皆さん近い存在なのだが、ふと遠くなっている。そんなことを感じた今朝だった。

現与党は、徹底的な金融緩和でデフレ脱却を目指している。

これには、賛否両論あるが、今のところ大勢は評価しているようだ。夏の参院選挙もこのままいけば、想像できる。

さて、2%物価上昇を目標に掲げた日銀の本気度も後押しして、ドル円はついに100円に到達した。リーマン前は120円前後、その後円高が進み80円前後・・・。数字だけ見れば、ここ10年ほどの中間点にたっただけだ。ただ、アメリカでは、ダウ平均が最高値を更新中であり、そろそろ引き締めにかかる時期であろう。従って、円安が加速することを織り込み始めたのではないかな。

身近な経済動向を考えると、国がお金を大量に市場に供給する為、貨幣価値は下がります。逆に物の価値が上がります。特に不動産などの価値が上がるとされています。80年代のバブル状態だけは避けたいものですが、歴史は繰り返すといいますし・・・。

パソコン教室において、今まであまり薦めていなかった、「ネット取引講座」も一考してはいかがでしょうか?ただし、気を付けてくださいね。

週に1回、月に1回、四半期に1回・・・。

サプライズを演出し続ける!!!

小さなことから大きなことまで。これを考えて、夜も眠らない日を過ごせると、必ず好循環になる。

以外に期待外れで落ち込むこともあるが、それもまた経験か。

サービスをメインとするお仕事は、この作業が出来るか否かで決まってしまうのだろう。

最近、つくづく感じるようになった。

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >