いかに良いサービス商品を開発しても、マーケットが縮小していく状況では、中長期的な発展は・・・?現在、日本市場は「少子高齢」という要因が大きくのしかかっています。若い世代をマーケットにした商品は、グローバルな視野で展開しないと成長は望めません。逆にシルバー層をマーケットにした商品は、なだらかな成長を続けます。これがトレンドなのです。大きな企業では、多少トレンドに沿ってなくても、リストラやグローバルな展開で、ビジネスを継続していくことが可能ですが、そうでない企業(個人事業主など)は、グッドアイデアが続かない限り、成長展望を描いていくことは難しでしょう。みんな知っていることなのですが、方向転換することを躊躇している方も多く見受けられます。

「パソコンくらぶ」運営は、どうでしょうか?明らかに、トレンドに沿ったビジネスといえるでしょう。後は、アイデア・工夫次第ですね。VCチェーンが更なる発展を遂げることを心より祈っております。

グローバルな時代に、閉鎖的な政策しか出てこない日本!

本当に心配だ!もっと、国益のこと、先のことを考えてリーダーシップを取って欲しい!

子ども達や若い世代が、活躍できるステージを早急に・・・。今の活動は、中高年の保身になるような政策ばかり???と感じているのは私だけだろうか?

「出る杭は、飛び出すくらい支援する!」 これぐらいアグレッシブに国作りして欲しい!

会社での「立ち位置」、地域での「立ち位置」、家庭での「立ち位置」、仲間内での「立ち位置」・・・!

皆さん、ご自分の「立ち位置」は明確になっていますか?これを意識することで、「ブレ」が生じません!なぜなら、自分自身の役割や方向性がはっきりするからと思います。

私の「立ち位置」として、1つ紹介しておきます。仕事(会社)での立ち位置を!

私は、常に、会社とお客様のちょうど真ん中に「立ち位置」を置くように心がけています。この位置は、大きな自己責任を負うと同時に、期待に応え続けなければ(会社からか、お客様からのどちらかから)捨てられる位置と考えております。

会社からも必要とされ、お客様からも必要とされるためには、常に右肩上がりの活動をしていかなければなりません。民間企業に身をおく以上、当たり前のことなのですが・・・。

ある大手企業に勤める知人が、よくこう言います。「色々アイデアはあるのだが、中々、上手く活かせなくて・・・。やる気でないよ。」と・・・。そこでいつも言う言葉が、決まって「自分が選んだ職場でしょ。「立ち位置」が悪いんだよ。愚痴るんだったら、辞めてしまえ!」

私は最近ですが、何事にも本心を話するようになってきた。これも、あらゆる場面で「立ち位置」を意識しているからだろうと思う。

昨日、若い方々とお話しする機会があった。みんな20代半ばの方々だ。非常に一所懸命に物事にチャレンジしている。様々な思いを胸に、新しいステージでの活躍を目指しておられた。20代、バブル時代を過ごした私には、考えられない姿勢である。

まだまだ、日本の若人は素晴らしい!世間やマスコミは、マイナス要因の洗い出しをして間違ったイメージを植えつつある。これも少子高齢がもたらす心理か?

企業のみなさん、日本の若人を育てましょう!そして、世界へ羽ばたかせましょう!

東日本大震災から2ヶ月・・・。現在も多くの方々が、行方不明になっており、原発問題もあり、長期に渡る避難所生活を余儀なくされている方々の心労が心配です。早く、仮設等の手配をお願いしたいものです。

某社の「景気動向」調査では、企業の3社に1社が減収減益を見込んでいるようです。ただ、ビジネスに関しては表裏一体、復興に向けた増収増益を見込んでいる企業もまた、多いのです。

困難に立ち向かうことで、更に大きくなることは、皆さんご存知ですね。今までに固執して生活するも良し、新しい道を模索して切り開くも良し・・・である。

要は、いかに愚痴をこぼさず、毅然と活動していく姿勢をとっていくかが重要です。すばらしい人生を創造するために!がんばりましょう!