こんにちは、サポーターの浅野です。

昨日は、初めてお会いする方の対応に追われた。ご挨拶を交わした方だけで二桁以上だ。

非常に新鮮で、緊張感もあった。ビジネスに関しても、その他の活動に関しても、この新鮮さは刺激的だ。

共通項目の意識を持った、人との出会いは大切にしたい。老若男女!全ての方々との交流は勉強になり、自身の視野を広げてくれる。

出会いを大事に行動していこうと強く思った日になった。

今年も後1か月!

いよいよ師走に入ります。

例年より寒さが厳しいとの予報が出ておりますので、体調管理には十分お気を付けくださいませ。「のど」が大事です。うがい励行しましょう。

「師走」という季節感をどのようにビジネスに結びつけるか・・・。この意識が非常に重要です。大切なお客様・新たにお付き合いが始まるお客様、全ての業者様との接点を限りある時間の中でどう対応していくか・・・。ここに集中すべきですね。

皆さん、各々の手法が存在すると思います。

このブログもその手法のひとつになりますね。

しっかり乗り切り、良い年始を迎えられますように!お祈り申し上げます!

私が中学生のころ、そう80年代は、一学年13クラスほどあり私塾業界も成長期を迎えていた。当然、私立高校や私立大学も定員割れする学校は稀であり、他業種と同様に教育業界も活気にあふれていた。

学習塾や予備校等の非常勤講師(いわゆる非正規雇用)では、人気のある講師はどんどん高給取になり、10分5,000円の講師もざらにいた。90分で45,000円!1日6コマすると、270,000円なり!である。需給というのは怖いですね。

現在、大阪市内の公立中学の大半が、一学年2~3クラス・・・。これでは、私立高校は定員割れも仕方ない。ここで、大きな問題が発生しているようだ。

ある私立高校では、一般クラスに関しては実に半数以上の授業が、派遣講師で運営されているとのことである。(特進クラスに関しては、全授業、専任教師のようだが・・・)

派遣講師は、授業以外の生徒との接触を基本的に制限されており、生徒は休憩時間の質問もままならない。当然、人間関係(先生と生徒)は、希薄にならざるを得ない。

こんな状況が、全国で拡大を見せているようだ。私立高校等への講師派遣を実施している企業は、成長期に入っている。規制緩和も良いが・・・。社会の都合で子どもにしわ寄せは許せない。

「教育(子どもの育成)」「少子化」・・・今、国は、真剣に未来を考える時期だ!

何事も、他力本願ではダメだが、自力本願?でもダメだ。

双方、バランスが取れた状態がベストの状況を作り出すと思う。しかしながら、常にこのバランス状態がベストになることはない。

そうならば、いかに上手くコントロールしていくか・・・。これが非常に重要である。

仕事もプライベートも!このバランス感覚が良い方が、成功したり充実したりしているのでは・・・。

さて、今の日本の政治はどうなのか?

12月16日以降の変革で、良き方向に進むことを希望する。グロバールな時代の中、中長期的に隣国の中国や東南アジアは成長を遂げ、近い将来、アジア圏は世界の中心となるだろう。TPPとFAT。しっかりバランスを考える必要がある。

今週は、開業希望の方やコンテンツ活用を希望される教室の経営者様との商談(いや相談ですね)が続きました。本当にありがたいことなのですが、今の景気やトレンドなどを考えると、どの業界も非常に難局を迎えていると感じている。

今、衆議院解散により国や経済が大きな節目を迎えようとしている。円高により、企業収益は圧迫され、産業構造の空洞化に拍車がかかっている。特にハイテク工場などの撤退は、各地域に大きな構造変化をおこし、大問題になっている。

「現状を打破して、新しい産業を育てる!」これには当然、痛みを伴う方々が出てくる。だが、政府主導の成長戦略が軌道に乗らない限り、デフレや不況を解決する道筋が立たないことも事実だ。「コンクリートから人へ」…どうだったのかな?

次期政権を取るであろう総裁が、「インフレターゲット」(物価上昇3%)軸に金融緩和を強化していくことで反応している円安は、一定の経済効果があるようだ。株式市場などを見るとよくわかる。グローバルな時代を成長していく為には海外からの評価が上がらなければ、景気は上向かない。

さてこの状況下、私たちは何を見据えて活動していけばよいのでしょうか。国民一人ひとりが真剣に考えなければならない時が来たような気がしている。