皆さん、「血統!」と聞いて何を思い浮かべますか?

私は、良くも悪くも父親の背中を見て育ったせいか、「競走馬」と連想してしまいます。

「競馬」は農林水産省管轄でJRAが運営していますね。国の経済成長にも寄与してきました。

今から20数年前、ひとつの楽しみとして「競馬」を始めました。その頃、「血統」なんかさっぱり理解できず、ただ単に強そうな馬の馬券を購入して楽しんでいました。

サンデーサイレンスという大種牡馬が出現して、日本競馬界は大きく変わりました。フジキセキから始まり、エアシャカール、ダンスインザムード、スペシャルウィーク、ディープインパクト・・・。ダービー馬も多数!数えきれない名馬を排出し、今ではその子供たちの競走馬が大活躍しています。サンデーの孫ですね。

中でも、昨年・今年はスティゴールド産駒が大活躍!

今では、ディープ産駒対スティ産駒という図式が出来上がりつつあります。

この種牡馬2頭は、対照的な競争生活を送ってきた馬だ!と思うのは私だけではないと思います。

スティゴールドは、中々G1を勝てずシルバーコレクターと言われていました。海外で一回勝ったものの日本では2着が最高だった。

何でも、隣に馬をかみつきに行く気性が災いしたと聞いたことがあり、かなりやんちゃな馬だったようです。

その気性の悪さを良い方向に転換させる・・・。そう、繁殖牝馬との相性でクリアする・・・。これが功を奏したのか、三冠馬オルフェーブル、さつき賞馬ゴールドシップが誕生しました。

ここで注目は、この繁殖牝馬のお父さんが、あのメジロマックイーンという共通項目でしょう。

何でもそうなんでしょうが、弱点を克服する為の仕組みを研究することが大事なんだな、と漠然と思った次第です。何かのヒントになると思います。

お読みいただきありがとうございます。

こんにちは、浅野です。

「諦めず!何事もがんばる」ことは、大きな目標をつかむためには大切なことなのですね。先日、子どもたちのプレイを見て、再確認させられました。

わが娘は、今年、中学1年生。ソフトボール部に所属しています。昨年までは私が指導するキックベースボール部でキャプテンを務めていました。そのソフト部のキャプテン(中学2年)も小学生時代、キックベースボール部に所属していました。

先日、ベスト8をかけた試合を観戦して、2アウトからの逆転劇があった。大人は、ほぼ諦めムード・・・。そんな中、気迫のこもったプレイで相手のエラーを誘い大逆転勝ちがあった。逆転のランナーは2塁から一目散にホームイン!打ったバッターも全力疾走!わが娘とキャプテンだった!

その子たちが、明日、大阪市ベスト4の試合に臨みます。全力を出し切って欲しい!ただそれだけである。ほんと、子供たちからは、色々なことを学ばしていただき感謝ですね。

http://ameblo.jp/nakamiyakick/entry-11360310018.html

 

ニュースから伝えられてくる隣国である中国の反日デモ・・・。

ショッキングな映像ばかりだ。

ネットにより情報拡散が非常に速い。良い情報もあれば、悪い情報もだ。

今朝は、悲しいデマが飛び交っているニュースが流れた。

冷静さを取り戻す為には、平和・幸福を軸とした政治的な判断が必要か!

中国の国民も日本の国民も、平和を望んでいるのだから、そんなに時間はかからないと感じている人の方が、圧倒的に多いはずだから…。

 

おはようごうざいます。

最近、色々な問題が私の周りに押し寄せてきて、少々、バタバタしています。公私とも・・・。

色々、活動に関われて「うれしい!」と思わなければならないことなのでしょうが、中々、そういう風に思えない未熟な自分がいます(泣)

何も起こらない人生よりは、波風に立ち向かい、解決していく生活の方が結果的に充実した人生と思います。

今、直面している内容を整理していくと、全て調整が必要な問題ばかりです。自分ひとりでは、絶対解決しない!

どう調整していくか・・・。これを乗り越えれば、また、自身の成長を促すのだろう。

 

 

皆さん、おはようございます。

モチベーション(動機づけ・意欲)を高めることが、大きな活力や成果につながることは認識されていると思います。

人は皆、強い部分と弱い部分、つまり長所と短所をもっています。例外を除き!

弱い部分を補うこと、強い部分をより強くすること・・・。どちらに重点をおくか?

私は、ある方の言葉で毎朝、見つめなおすことを習慣としています。

今日は、「豊になる秘訣」なる言葉を目にしまた。

★周りの方や、他人の人生を豊かにすることにフォーカス(焦点)をあてる・・・。★

ビジネス(特に営業関連の仕事)に携わっていると、難しいシーンに直面することもありますが・・・この葛藤とは、生涯、付き合わなければならないのでしょうね。