あー、「夏バテ」という言葉・・・。昔は、こんなこと感じたことなかったのだが、最近は、夏なのに肩こりから気分がすぐれなくなる。その上、今年はオリンピックが時差8時間のロンドンで・・・。午前3時~午前6時ころが、競技のメインとなっている!

※別にLIVEで見る必要ないのだが・・・。いや4年に1度だ!

今朝は、100M決勝とハンマー投げ決勝!結果、LIVEで見て良かったと感じる。

少し前、NHKの番組で、何気なくみた「ボルト」の特集!彼が、生まれつきの難病を抱えていたことを知る。この難病が彼を作りだしたとは・・・。走り方を見ると、確かに独特のフォームだ。左右の肩において、上下の移動が激しい。普通、陸上選手は、こういった上下動があるフォームにはしない。そう、彼は例外だったのだ。その例外が、世界を驚かせるタイムを生んだ・・・。

例外は、得てしてこのような結果を招くことがある。ただ、輝く為には、並外れた努力が必要である。そうだ!例外を例外で克服することで、大きな成果となるのだろう。

そうして、彼は「記録にも、記憶にも残る」ランナーとなった。おめでとう!

ビジネスでも同様のことが起こる可能性がある。苦しみは、努力することで克服可能!それが達成されれば、新たなステージに入れる!「記録」なのか「記憶」なのか!何事も同じ原理原則が働いている。

「自立学習」というスタイルですが、非常に良い響きですね。

学習には、最善の方法かもしれません。ただ、ほんの20年ほど前(偏差値重視の時期)は、全く違った見解があったと思います。

これも、時代背景に影響するのでしょう。

いづれにせよ、トレンドに沿った指導スタイルを選択するのか、それとも独自を手法を用いるのか・・・。自由ですね。

異業種から新たにに参入される場合は、トレンドに逆らわない手法を選択することが最善でしょう!

http://www.selfee.net/success/kaigyo/index.html

弊社は、「自立学習」スタイルを提案している会社です!

オリンピックにて、意図的に「引き分ける・負ける」という行動(活動)が問題視されています。アマチュアスポーツにおいては、道徳的にみると「×」でしょう。

しかし、プロフェッショナルとしてスポーツをとらえると、戦略となる行為と思います。

非常に難しい問題ですが、国によっては「金」=「安定した生活保障」ということもあり、一筋縄でではいきません。

リーグ戦(予選)を行うことは、実力がなければ突破できません。したがって、非常に有効な試合方法なのです。

賛否両論あると思いますが、今回の「バトミントン」4ペアの失格は、アマチュアスポーツの頂点のイベントであるオリンピックの倫理観を大きく変えるかもしれませんね。

ちなみに私の考えは、一番を目指すのならどのような組み合わせになっても、全てに勝ってこそ価値があると考えています。選手もそのはずだと思います!

ロンドンオリンピック!

普段は、あまり意識してみたことないスポーツもオリンピックだけは、意識してみてしまう!

それだけ、この国際イベントには、多くの心理が働いている。

国対国の戦い!愛国心がそうするのだろう。

放送で気になった表現があった。

「銀」は金より良いということで「金+良」が成り立っている!

「銅」は金と同じということで「金+同」が成り立っている!

漢字(日本語)は、面白いですね。

ロンドン五輪が始まりました。

この大会を第一に目標においた選手たちの戦い…。

各選手、凄みを感じさせてくれるパフォーマンスをしていますね。目標に向かって努力する姿は、感動を与えてくれます。また、結果を伴ったシーンを見て気持ちの高揚を感じさせてくれます。

ロンドンは、時差の関係で深夜の時間帯でのLIVEが多いのが、難点でしょうか(笑)

皆さん、猛暑の夜!体調に気を付けてオリンピックを楽しみましょう!