暑くなってきました!今日の大阪は30度以上ですね!皆さん、体調には気を付けましょう。

さて、昨日、大阪難波のOCATで「パソコン教室オーナー様」の勉強会がありました。お声かけいただきましたので参加してきました。雨の中、たくさんのオーナー様とお会いでき、有意義なひと時でした。(いつものように懇親会では少々暴走してしまいました・・・。)

やはり、いろんな方々の意見交換は「勉強」になりますね。一人の考え方では、頭はどんどん固くなります。柔軟体操して、様々な角度から検証しています。

7月22日(日)は、関東で予定されており、私もお呼ばれしております!

関東地区にお住まいのオーナー様は是非、お会いしましょう。楽しみです!

今年後半は、新しい発想をもって活動していきます。

「パソコンくらぶ」! よろしくお願いします!

責任をもって活動されている方々は、常に緊張感を漂わせている。身を守る上で非常に重要なオーラでしょうか。

逆に、時間労働的な意識が高い方々は、ゆったりとした雰囲気を醸し出している。

どちらが良いとか悪いとかは無い。その状況に応じて、しっかり評価していけばよいのだが・・・。

中々、難しい問題である。

責任感やスピード感があるリーダーは、必要だ。逆の人材も必要だ。自分よがりな考え方だけを他の方々に押し付けるようなことは、決して良い行動とは思えない・・・。

私も気を付けなければ!

おはようごうざいます。最近、外に出向く活動が多く「幸せ」?な日々を過ごしています。暑くないので助かっていますが・・・。

さて、ほぼアップルの1人勝ちだった「タブレット」市場が、大きく変化する節目にきたような感じがします。マイクロソフト、グーグル、アマゾンと、続々と新製品が発表されています。サプライ面では、台湾や韓国を中心とした企業と連携して生産性の向上を目指しているようです。

日本の名前が浮かばないことは、少々残念ですが・・・。

私的には、サーフェス(マイクロソフト)の動向が気になります。Windows8を基本OSとしているからです。パソコンとの連動によるサービス拡大に期待している反面、教材メーカーとしてこの動向をどのように捉えて舵を切るか!重要な局面がやってきそうです。

ワクワクする反面、不安もあり、刺激的な活動になりそうです!ここを楽しめるかどうか…。がんばりましょう!

N産が、国内生産20万台の削減・・・TYタが、40万台・・・。

国内需要の伸びを望めないというより、円高での撤退が本格化した感がある。ゴーNさんは、経営再建を実行した超実力者である。その実力者が、動き出すと他の企業も追随していく・・・。これは、ごく自然な流れである。

政をみると、与党の意見対立によりスピーディな政策決定が不能である。客観的にみて「何やってるんだよ」・・・です。

将来を見出せないでは、益々空洞化は進んでしまう・・・。アナリストのいうとおりになってしまいそうだ。

以前にお話したが、総理や大臣も助っ人を投入する地代になるのではないか!人もまたグローバルスタンダードだ!

何事もサイクルがありますね。そのサイクルは速いのか遅いのか・・・。とうい違いはありますが、ITの発展により概ね速くなっていると思います。

情報収集が容易になったということが、大きく影響していますが、それを負の言い訳にしてはいけませんね。「言い訳」するのなら、早期転換を目指すことが大事かもしれません。そんな世の中なのでしょう。

このような世の中で一歩でも前に出て、有利に展開することを意識している方が、後の勝ち組と言われる状態を得るのでしょう。

今、皆さんのメインの活動は、導入期ですか?成長期ですか?成熟期ですか?衰退期ですか?また、新たに何か導入期をむかえるアイデアや発想はありますか?その内容にアドバイスいただけたり、協力してくれる良きキーパーソンは何名いらっしゃいますか?

「?」を整理していくことで(整理していく様々な方法がありますが)中長期の展望が開けます!そこに理屈なんて存在しないのです。「直感」を大切にすれば、「?」の整理も早くできると私は思います。