お花見の季節がやってきました。良い季節ですね。

弊社では、生涯学習第一弾「パソコンくらぶ」から久しく遠ざかっていた第二弾「カルチャーレストラン」がいよいよ本格的に始動です。

ホームページもオープンしました。よろしくお願いします。

 

 

東日本大震災から3年…。

今でも、はっきり記憶にある。

当時、大阪のビル7Fにいた。

ゆっくり揺れだし、ビルが回るような感じになり、長い時間…。

一旦、非常階段で1Fまで下りていった。

当時いた若手社員が、「震度7ですよ」と言った。

正直、阪神淡路大震災を経験している私には、「?」だった。

阪神淡路は、ベットから弾き出されるような激しい上下左右の揺れだったからだ。

直下型とプレイト型、火山性のもの…。各々特長を持っている。

今、住んでいる地域で、どの種類の地震が起きる可能性があるのかを認識して、万が一に備えることが大事ですね。

 

オリンピックが終わりましたね。

色々、勇気づけられたり、感動したり・・・。

選手の皆様、本当にお疲れ様でした。

選手にとって、オリンピックは4年に1度の節目!この目標に向かい、自己研磨し努力している。その過程は、とんでもない厳しい練習に耐える4年だったのであろう。

競技・演技が終わった瞬間、笑ったり・泣いたり・・・。その表情や態度に4年間の厳しい練習が走馬灯のように駆け巡る!

そして結果、ライバルは自分自身の中にあったと感じるのだろう。

仕事も同じこと。

厳しい活動に耐えた人だけが、心地よい体感を得るのであろう。他との勝ち負け以前に、自分というライバルに勝つことが大切である。

私も節目に向かって、厳しい環境を求める年にしたいと考えた。

「警告!!! 容量が不足しています。・・・を・・・してください!」

こんな文言が、パソコン上で大きく表示されると、パソコンを始めたばかりの方々は、どう感じるだろうか?

私も先日、あるブラウザをインストールして際、このような警告が消えない状態になりました。

少し、びっくりしますよ。ホント!点滅するので気にせず作業も出来ず・・・。本当に迷惑な発想のビジネスですね。

その際の処理は、WEBでその「文言」と「対応策」を検索して、解決策を調べました。有難い情報ですね。

何かおかしい!と感じた時は、まず、WEB検索して対応策を見ることが大切ですね。

だいたいは、自力解決できますので。

 

内閣府から定期的に発表される「指標・統計」を意識されているでしょうか。

この情報を意識して、トレンドを先読みしていく習慣をつけていくことは、どんな業界でも重要なことですね。

生涯学習教室を運営するにあたり、「アクティブシニア」や「団塊世代、ジュニア」と呼ばれるマーケットに焦点を合わせて戦略・戦術を練ることは、成否をわけることになります。

チラシや提案資料においても、この内閣府資料を活用することで、生徒さんの心理も大きく前に動きます。

一番大切な信頼関係を深められる機会になります。

※ただ、単に活用ではないですよ。ここがノウハウでしょう。

社会的背景をしっかり認識して、自身の考えを交え、その意義について共感をしていただきお付き合いを開始する。そういったお客様と良い関係を継続していく。

一期一会という言葉がありますが、このような準備をしておかないと、良い機会を逃してしまいます。