先週から地元でお祭りがあった。

昨年から復活させた「中宮だんじり」曳行!

私も実家が違えど、子どものころ「だんじり」いや、豊中では神輿だったかな。

低学年は、神輿に貨車を敷いて曳歩き、高学年は太鼓や金を使ってみんなで町中を歩き回る。

親父さんやおふくろさんたちも、みんな一緒に盛り上げた。しっかり目に焼き付いている。

クライマックスは、神輿を大人衆が担いで町内を!担がれた神輿の上で太鼓をたたいたことが、

今でも蘇る!※担いだ時は重かった!

今も豊中では先輩や後輩たちが曳いているようだ。娘が小さい時は、豊中に行ったなぁ。

祭りの良いところは、みんなが大声を出すことだろう。大きな声で笑ったり、酒を飲んだりも!

そして、力いっぱい太鼓をたたいたり、曳いたり・・・。

誰が参加しても、そういう環境が出来上がる。これが、愛される秘訣なのだろう。

復活2年目となった今年の祭りでは、

『だんじりを曳いてくれて有難う』とおっしゃってくれるおじいちゃんやおばあちゃんに沢山

出会えたことが良い思い出になった。感謝されるのって心地良いですね。

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">