こんにちは、サポーターの浅野です。

私は、この4年ほど地域小学生へのスポーツ指導を楽しんできた。これは、一重に我が最愛の2人の娘の存在があったからである。下の娘も今年3月で卒業を迎える!中学ではより一層、勉学にスポーツに友達づきあいに励んでほしいと思っている。

ここで直面したのが、現5年以下の部員(約20数名)たちの活動である。地域規約では、現役の保護者がその活動を継承して、末永い存続を目指す!が基本である。現在、少子化や経済事情の変化もあり、引き受けてがいない!!!ここ数年は、お父さん数名必ずいたのだが・・・。

次期、現役生の保護者からは表裏の意見が続出している。どうしたらよいか・・・?ほんと、難しい選択の時期が近づいてきた。OBが残ることは、その文化継承危ぶまれる。理由はOBや先輩には、意見しにくい環境を作りだしてしまうからだ。「残って欲しい」というのは、現部員の保護者。「残ったら良くない」といわれるのが、私より先輩のOB方々や中期長期で文化継承について意見をくれる方々だ。

どちらも良い人ばかり・・・。難しい選択だが、私自身がOBになるのだから、ここは退いて、新しいお父さん・お母さんが出てくる環境をつくることにしようと決意した。

何でもそうかもしれないが、「引き際」は重要な決断が迫られますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">