ちょうど今から2年前、サブプライムローンの問題が顕在化してきたことを思いだす。当時は、悲観的な見方の中にも、楽観的な意見もあり、その2ヶ月後「リーマンブラザーズ破綻」を想像している向きは少なかった。

金融・証券業界は、「誰かが得をして、誰かが損をする」世界なのは理解しているが、現在、その市場は、非常に乱れているような気がする。まさに、「ギャンブル」だ。

世界各国が、経済減速リスクを最小限に止める政策を協調して行うべきだと思う。今は、完全にグローバルな時代だから・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">