最近、日本領土内での外交問題が表面化していますね。尖閣諸島は中国との間で、北方領土はロシアとの間で、沖縄はアメリカとの間で。中国・ロシアは、ブラジル、インドとならんで経済成長著しい国であり、アメリカは大国である。各国の大統領・首席は、国民に威厳を示すべく、大胆な行動や発言を繰り返している。これは、国民感情をしっかり考えたパフォーマンスであり、愛国心や忠誠心を育むことになる。

数年前の首相、小泉さんは「パフォーマンス」が非常に上手かった。大胆な発言も多く、リーダーシップを思う存分発揮していたと思う。経済指標のひとつである日経平均株価も17,000円ほどまで上昇していた。日本国民だけではなく、世界の投資家も期待したのである。「貯蓄から投資へ」・・・だったなぁ。積極的な設備投資、雇用拡大、消費拡大・・・。政策などの問題より、人間の期待・心理が高揚するパフォーマンスが上手かったのだと思う。

その小泉さん退陣後、自民党は崩壊し、民主党が与党に・・・。「強力なリーダー」・・・。小泉さんの後、この国のリーダーは・・・。はっきり、現在も空白であるとすら感じる。

昨日、北方領土に来日したロシア大統領の行動は、いかがなものかと思うが、「強力なリーダーシップ」を考えると、ロシア国民には強烈なインパクトがあったと推測できる。

規模はどうであれ、「教室運営」も一国一城の主なるからには、基本的には、この考えや振る舞いが重要であると私は思う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">