昨晩、ロンシャン競馬の凱旋門賞!

ご覧になられた方も多いと思います。

私も昨年の惜敗を鮮明に覚えていたので、今年こそはと期待してオルフェーブルを応援していました。昨年は、「何故負けたのか?」分からないレースでした。どう見ても「勝ち」と思った瞬間・・・。

今年は、直線半ばで「昨年の逆を!」と期待したファンも多かったと思います。しかしながら、またしても牝馬に負けた・・・。昨年も牝馬だった。そういえば、ジャパンカップも牝馬に・・・。何か因縁めいていますね。

今後、世界最高峰のレース凱旋門賞を勝利する日本馬は、牝馬なのかもしれませんね。そんな気がしました。

日本のホースマンに期待したいと思います。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">