こんにちは。浅野です。

私と直接お会いした方はご存じかと思いますが、ここ数年「地域活動(ボランティア)」の一環として、小学生女子キックベースボールの指導者をしております。今年も、各校下の新チームが大阪市大会へ向けて練習に励んでおります。この活動は、アマチュアスポーツの代名詞である高校野球と同じで、毎年、卒業生が出ます。従って、毎年チームは様変わりしていきます。ようやくレギュラーになれた6年生たちも多くいます。みんな緊張気味に試合に臨んでている姿を見ると応援したくなりますよ。また、面白いことに積み上げていった伝統というものが、各チームに漂っています。この伝統が、対戦相性を生んでいます。このチームになぜ負けるのか?反対にこのチームになぜ勝てるのか?人間の心理っていうのは、何事にも大きな要因になっていますね。

さて、私は、子どもたちにいつも言っている言葉があります。(いろんな意見があると思いますが)

「練習で出来ないことは、試合でしようと思ってもダメ。練習でがんばったことを、試合で披露せよ!」

皆さん、仕事でも一緒ですよね。鍛錬していないものは、上手くいかないものです。例え、上手くいっても、それは継続的ではないことが多いですよね。何事も、積み重ねた過程が大切です。

「最後まであきらめない」・・・これは普段、つらい練習の中で積み重ねたその過程が「気持ち」になって現れてくる。私は、そこに教育の大切さを感じています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">