「気遣い」の良い人は、自分自身を客観的に見れる人がほとんどだろう。

相手の身になって、コミュニケーションや行動をとらないといけない行為だからである。

自分本意でしか行動できない人は、かなり難しい行為である。

今日は、そういった周りの立場を気にされて、お電話されてきたお客様がいらっしゃった。

そういう方は、大事にしなければならないお客様だ。

自分自身に責任をもって、周りの方々の了解を取り付けるには、「気遣い」のある方でないと出来ないファクターであり、「気遣い」は、ビジネスオーナーにとって生命線でもある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">