今日は、気になったことを「つぶやき」?ます。ゆとり教育で育った若者を「立派な社会人として育てる」時、次の状況を知っておくべきと、ある方から聞きました。

①周囲の人間や社会に対する不平不満、批判が多く、問題を人や社会のせいにする。

②「物事は上手くいって当たり前」と考えている為、少しの失敗で自信喪失する。

③それでいて、「駄目な状況を一気に解決する夢のような方法がある」と信じている。

上記3つの言葉から、皆さんは、どのように感じるでしょうか?

自分の現能力を見定め、必要な場合は人に相談し、失敗しても新たな問題に挑み、着実に解決できる力をつける方法を習得する。

アラフォーの皆さん、自身が関わる社会活動にて、若い人材を育てていきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">