「老舗!」という言葉にリスクを感じる時代になった。

1990年あたりまでは、安心感だったと思いだす。長く継続して商品を送り出していることは、ある種のブランドだったのだが・・・。

現在では、そのブランドに胡坐をかくと、全く見向きもされなくなってしまうことも多々あるようだ。今の時代、ネット高速情報時代!である。瞬くまに、新しいブランドや企業がスタンダードに君臨してしまう。

新興企業にとっては、チャンスが多くなり、老舗企業にとっては、リスクが高くなる?胡坐をかかず、変革に取り組む姿勢が非常に大切であり、その意識は継続していかなければならない。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">