N産が、国内生産20万台の削減・・・TYタが、40万台・・・。

国内需要の伸びを望めないというより、円高での撤退が本格化した感がある。ゴーNさんは、経営再建を実行した超実力者である。その実力者が、動き出すと他の企業も追随していく・・・。これは、ごく自然な流れである。

政をみると、与党の意見対立によりスピーディな政策決定が不能である。客観的にみて「何やってるんだよ」・・・です。

将来を見出せないでは、益々空洞化は進んでしまう・・・。アナリストのいうとおりになってしまいそうだ。

以前にお話したが、総理や大臣も助っ人を投入する地代になるのではないか!人もまたグローバルスタンダードだ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">