最近、英語教育関連(翻訳等)の業界が盛況のようですね。大手英会話の諸問題があり、若干下げ傾向かと思っておりましたが、グローバル化による業界の上昇トレンドは継続中のようです。証券業界からコメントでは、日経平均株価を底上げしてくれる外国人投資家へのサービスとして英語での営業強化を余儀なくされているようです。市場参加者の60%以上が外国人である東京市場では、より一層の努力が必要なようですね。

「楽天」さんや「ユニクロ」さんの英語取組が顕在化してくるだろう数年先には、社内会話は英語で!という大きなトレンドが形成されると思われます。若い方は、英語だけはがんばっておいた方が良いですね。

今の日本の前進しない政治政策では、仕方なしか・・・。(泣)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">