浅野です。今日、久しぶりに(3年ぶり)ある病院に行った。その後、調剤薬局へ・・・。

数日前、予約を入れたのだが、何と2日間研修等で休院しているとのこと。たまたま、立ち寄っていた女性スタッフが電話に出ての対応となった。「浅野です。名前は幸治です」といっただけで、「お久しぶりですね」との声!パソコンで、瞬時に確認されたのだろう。この一声がなければ、恐らく違う病院に電話していたと・・・。(たまたま、待てる症状であったことも要因だが)

病院にいくと、受け付けカウンターで保険書を出すと、受付の女性スタッフが、中にいる院長に「浅野さんがいらっしゃいました」と声を発せられる。中から「ハイ」と返事が返ってきた。何だか、気分が良い!診察の方も、待ち時間等あったが、非常に丁寧な治療方法の説明があり、こちらとしては、非常に心地良い時間になった。帰りも、こちらが手を振ると、忙しい中でも手を振ってくれる院長!次回も約束を忘れずに行こうと思った。

薬局で薬をもらう際も、「浅野様、久しぶりでございますね。現在・・・・」とお話をされてきた。意外な話出しに感じたので、これまた気分が良い!接客という点では、非常に参考になった。

現在、私ども日本コスモトピアが提案しています「パソコン教室」も、中高齢者の方々が中心のサービス業である。「心地良い」接客サービスを様々な業種から学んでいくことが、「重要だ!」と感じる一日となった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">