今日、朝出社すると、私の前の席である後輩の袖机に、「問題解決の方法・・・・」という本が置いてあった。たまたま、彼は出張中ということもあ、チラッと拝借する。著者は、某有名コンサル会社の方で、この会社には、以前弊社から転職した「M君がいたなぁ」と朝から記憶がよみがえってきた。「思い出すこと」って、案外、朝から頭を活性化する動作なのかもしれない、と勝手に想像!!

さて、チラッと拝借で頭に残った文言!「問題がない」という言葉!先輩や目上の方、会社の上司から「何か問題がないか?」との問いに関して、皆さんも「問題ございません」と応えた経験をお持ちでしょう。ただ、今になってよく考えると、このような場合、必ずといって「問題がある」ことが多いから、問いかけているのですね。

昨年は「セルフコーチング」という手法を活用して、自己啓発をはかっていましたが、これも「問題がない」と自身が考えると、全く意味をなしません。

人間、問題を抱えて行動しないと「成長」は望めない、会社や教室で言うと、右肩上がりで「成長」は望めない、ということでしょう。日ごろから、常に「問題意識」を持って活動することが大事ですね。

「問題がない」こと事態が、「問題である」!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">