左記記事は、5月30日のY新聞朝刊の三面記事です。開いた瞬間、目に留まりました。ちょうど1年前は、シルバー専門の「ゲーセン」の記事を見た記憶があります。それから1年、「余暇活動」のスタンダードになりつつあるのか・・・!

数年前まで、日本の娯楽文化代表であるパチンコ店には、多くのシルバー層が昼間から押し寄せていた。パチンコ機種もどんどん進化(複雑化)していき、今や有名キャラクターとのコラボレーションによる機種が大半を占めている。いわゆる「ゲーム」である。昔は、単純に揃うだけ、チューリップに玉が入るだけ等、釘と玉の流れを楽しんでしたのだが・・・。

景気後退、貸金業法の改正、ギャンブル性の高さから、パチンコ業界は冬の時代を迎えていると考えられる。そういう背景を考えると、パチンコの「ゲーム」性に興味を感じていたシルバー層は、抵抗なく「ゲーセン」に通うことになる・・・。昔は、「ゲーム」とシルバー層が結びつくことを想像することが出来なかったが、現在では納得できる。ただ、記事によると、「1日5,000円もあれば楽しめる」とのコメントを見て・・・。皆さんは、どう感じますか?高いのか安いのか?

このような背景を考えると、健全な余暇活動支援を推し進める全国の「パソコンくらぶ」教室内でゲーム大会など展開できるのではと考えています。一度、ゲームメーカー・ソフトメーカーにコラボ打診してみようかと思います。何か良い企画あれば、ご教授願います!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">