変わる高齢者像!

総務省の情報通信白書(平成25年度版)によると、

1992年時点での高齢者の歩行速度に比べて2002年の高齢者の歩行速度は速くなっており、男女とも11歳若返っているとの研究成果が!

また、高齢者の加齢による自立度の観点からは、2030年時点では約8割の高齢者は介護不要で自立的に暮らしているという予測データがある。

2030年…約3,000万人の元気な高齢者のマーケットに対して、どのようなサービスがトレンドとなるのだろうか?

生涯学習教室運営は、この点を成長戦略と位置付けて準備していく必要がある。

「モノ消費」から「コト消費」へ。

教室運営、そのサービスは、アクティブシニア層への消費の中核となるだろう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">