先日、梅田の某大手家電量販店を覗いてきました。

1Fは、パソコン・スマホ・タブレットの売り場です。以前とは少し様変わりしたような感じですね。

スマホ関連の面積が非常に拡大されており、特に付随品(ケースなど)の売り場面積が広いのかな。

パソコンはというと、1割に満たないのではないかという売り場面積であった。

お目当てのWindows8(タッチパネル搭載)のパソコンを確認したが、現時点では、圧倒的に「タッチパネルに対応してません」という札がつく。???。期待外れだった。

展示の割合では、9(非対応):1(対応)ぐらいかな。

店員さんも、新作パソコンの営業トークがおぼつかないのか、何件か説明されている横で立ち聞きしていると、「Windows7の方がええなぁ」と言われるケースがほとんどだった。

新しいものがトレンドにのるまでは、大変ですね。よくわかりますが・・・。

新しくパソコンを購入される方に、どちらを進めるべきか!2020年までサポートのあるWindows7なのか、8なのか!難しい選択ですが、指導するなら7が指導しやすいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">