内閣府から定期的に発表される「指標・統計」を意識されているでしょうか。

この情報を意識して、トレンドを先読みしていく習慣をつけていくことは、どんな業界でも重要なことですね。

生涯学習教室を運営するにあたり、「アクティブシニア」や「団塊世代、ジュニア」と呼ばれるマーケットに焦点を合わせて戦略・戦術を練ることは、成否をわけることになります。

チラシや提案資料においても、この内閣府資料を活用することで、生徒さんの心理も大きく前に動きます。

一番大切な信頼関係を深められる機会になります。

※ただ、単に活用ではないですよ。ここがノウハウでしょう。

社会的背景をしっかり認識して、自身の考えを交え、その意義について共感をしていただきお付き合いを開始する。そういったお客様と良い関係を継続していく。

一期一会という言葉がありますが、このような準備をしておかないと、良い機会を逃してしまいます。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">