流行りを創り、活動に活かす。流行りをとらえ、活動に活かす。

ビジネスの世界でいうと、中小企業が先行して流行りの種を創り、その種に芽が出る状況を確認して、大手企業が重い腰を上げてくる。その力は抜群で、一気にシェアを獲得していく。その時点で、終焉を迎える序章が始まる。私には、そんなイメージがある。

目新しさが無くなると、関心はドンドン無くなってしまう。人の心理とは、複雑なものだ。

生き残る為には、コアな活動と流行り(地域的なものでも)を創り出す活動を並走させていかなければならない。以前は、流行りを追うことに対して関心が湧かなかったが、最近そう感じるようになった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">