「責任ある立場の人」・・・すべての行動や言動で多くの方々に影響を与える。良い方向への影響なのか、それとも逆に行くのか・・・。非常に大きなことである。

良かれと考えての行動も、罪人となることがある。先週の柔道指導者が予知できる危険を回避せず事故をおこし、有罪判決を受けた。スポーツ指導者もしている自分にとっては、非常に重く受け止めざるを得ない出来事だった。

「責任ある立場の人」は、その点をしっかり把握して、関わる人々へ目標の達成感をもってもらえるように、日々精進と努力が必要である。

今一度、熟考してみませんか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">