①コンサルタント会社の社員と話してしていると、いつも思うことがあります。彼らは、何故か専門用語(業界用語)を使いたがるのです。ここまでくると習性だなぁ、と最近になって感じるようになりました。業界でしか通用しない用語は、高齢化した日本のマーケットには全く意味がないことに気付く必要があるのではとすら感じる。「万人の方に、いかに理解しやすく応えるのか・・・。これを研究して出直してこい!」と言ってしまったほどです。

②とあるパソコン教室を運営している方から(パソコンくらぶオーナー様ではございません)少しでも長く生徒さんを通学させる方法を教えて欲しいと・・・、問い合わせがありました。皆さん、この言葉を聞いてどう思い、どう感じられますか?これって、教室経営そのものですよね。このポイントをしっかり把握せず経営していること自体、ギャンブルですね。ギャンブルをビジネスという覆いに隠して行っているのと同じです。私はこの質問に、「長く通いたい創意工夫をすることで、長く通わせようと、あからさまに行動すると衰退を招くでしょう。」「長く通いたいと思っている顧客の管理をしっかりする。(気づくこと)」でしょうか。後は、積み重ねですね。「ローマは1日にしてならず」です。

皆さん、日々、分析・研究・検証・・・しっかり重ねて、他のライバルとの差別化をはかりましょう!ライバルは、他のパソコン教室さんだけではありませんよ!様々な余暇活動サービス事業者がライバルですよ!現在の教室の「強み」「弱み」はなんですか?私の持論ですが、「強み」を更に発展させることが可能です。逆に「弱み」は、正直なところ消すことが出来ないのです。「弱み」を消すことができた事案は、単なる分析・研究不足なのです。従って、「弱み」は消せません。この「弱み」の考え方を上手く処理することが大事です。「弱み」を上手く処理すれば「強み」に変わってしまうというケースは、成功者のお話しを聞くとよくあることですね。

「日々是検証」「生涯是研究」「万事是陽想」で行きましょう!

習慣になれば、そんなに苦になりません。苦になった時は、尊敬する方々とコミュニケーションを図りましょう。スッキリしますよ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">