こんにちは! 「パソコンくらぶ」技術・販促担当の山根です。

9月に入っても暑い日が続きますが、パソコン業界では8月終わりから9月にかけて次のバージョンのウィルスソフトが発売されます。最近のウィルスソフトは1つの製品(ライセンス)で3台のパソコンにインストールできるというのが当たり前になっていて、パソコン教室では非常に助かるのではないでしょうか?これを機に是非他のウィルスソフトもチェックしてみてはいかがでしょうか。(あまり安かろう悪かろうも困りますが・・・)

また教室運営をされる上で生徒さんの持ち込んだパソコンからウィルスが入るというケースも考えられます。教室内でLANに入ろうとする前に、そのパソコンに信頼あるウィルスソフトがインストール・稼働しているかしっかりチェックしてください。

また最近はUSBフラッシュメモリからのウィルス感染が急増しています。昨年大流行したダウンアド(WORM_DOWNAD)はその典型ですね。教室のパソコンに挿すまでにウィルスソフトなどでウィルスチェックを行う方がいいでしょう。

1台ウィルスに感染してしまうと、最悪全PCをリカバリーすることでの業務停止・データの消去、さらに評判の失墜と、教室運営にとって致命的なダメージとなります。日頃から万一のことを考え、問題が起こる前にしっかりと対策をしていきましょう。