日本の政治に一言!

今、日本は外需主導で経済が成長する仕組みになっている。これを「内需主導の成長戦略に転換する!」と打ち出す政治家がいるが、甚だおかしい。全く、無知というか「選挙票」を稼ぎたいだけの偽善者である。外需・内需をバランスよく戦略を立てないと、世界の投資家は、日本に見向きもしないだろう。素人の私でもわかるはっきりしたことである。中国やインドなど、これから成長していく国々との積極的な関係作りを行い、バランスの良い政策を施し、「先進国」として威厳を示す・・・。これが優先だ!ディベートの力を磨くことも必要だし、英語はもとより中国語やヒンディー語をしっかり理解できることも必要だろう・・・。

現在は、リーマンショック以来、先進国の大半が「悲観」の中にいる。歴史的に見ると簡単なことだが、いづれ、その「悲観」も落ち着き、経済活動はゆっくりと成長していく。その成長はある時期「産業革命」「IT革命」など代表される「変革」により、急加速していく時期が必ず来る。その変革にいち早く気づいた(ピークを迎える前に気づいた)人たちが、利益を得る。そして、楽観的な空気の中、下り坂を迎えるのだ。時代は、いつもそうである。

「発想」「アイデア」をしっかり描きつつ、その時代の「トレンド」を掴む。ビジネスには、流れがある。その流れをしっかり意識して、活動していきましょう。

今年、大ヒットした商品ですね。皆さん、もうお持ちでしょうか?様々なシーンで活躍している商品と思います。私もiphoneを使っております。非常に、重宝しております。一番の長所は、仕事で活用するパソコンと同期できる点でしょうか。非常に便利ですね。70歳を越える私の母も、iphoneを触って楽しそうな顔をしていました。

一方のipadは、しっかり活用すれば便利かと思いますが、さほど関心がわきませんでした。ブームはあったようですが、「電子書籍」から派生している商品なので、一般的には、必要性を感じません。ビジネスで活かそうと、様々な取り組みを各企業(ソフト業)では、模索していますが・・・。

ある方から、パソコンは、ipadのような商品に取って変わるのでは・・・。と、お話もありましたが、現時点では、全くの別カテゴリーのような気がします。

パソコンくらぶ」を活用する教室運営では、お客様は「中高齢者」の方々が中心です。従来のマウス・キーボードを使うことに意義があるのです。皆さん、わかりますか?成功されている教室の方々は、ご理解いただけると思います。

おはようございます!浅野です。

今月は、初めてお会いする方々が多く、色々な勉強をさせていただいております。初めてお会いする(お話する)ことで、現在ご提案しているビジネスの方向性が、トレンドに沿っているのかどうかを再認識させていただいております。地域によっては、当てはまらないケースもある(There is no rule without exceptions)ことも確認できます。非常にありがたい内容です。

「偏った考え」は、語弊も招きやすく、ビジネスとしては非常に視野を狭めてしまいます。という私も、どちらかと言うと「偏った考え」をする癖があると自己診断しています。

現在直面している「日本」の現況をしっかり見据え、様々な意見やアイデアの情報交換をより活発にして、しっかり探究していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。